打本 弘祐 講師


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1979年
出身地
静岡県
専門分野
真宗学・スピリチュアルケア
関連分野
倫理学、仏教学、スピリチュアルケア、ビハーラ、スピリチュアリティ
所属学会
真宗学会、真宗連合学会、日本宗教学会、日本印度学仏教学会
臨床スピリチュアルケア協会、日本ホスピス・在宅ケア研究会。仏教看護・ビハーラ学会、日本スピリチュアルケア学会、グリーフケア研究会
研究課題
臨床宗教師モデルの構築と養成プログラムについて


ゼミ紹介


4回生ゼミ(伝道学演習UA・B)
講義テーマ(内容)
現代における真宗伝道学に関する諸問題

講義概要(内容)
現代における真宗伝道学が直面している課題について、各人が設定したテーマを元に内容の充実はもちろんであるが、卒論提出時にもとめられる書式、論述形態、論理構成などについてのガイダンスを行う。その後、演習においては各自の卒論進捗状況に合わせて発表を行い、教員・ゼミ生による多角的な視点から議論を行う。現代的な問題を扱う場合の注意点や真宗・仏教の現代的な役割を常に意識しながら進めていく。

授業の計画・進め方
3回生終了時に提出した個人レポートをもとに個人発表を順番に行い、演習内で検討を行う。また、卒論進捗状況に合わせて個人指導を随時行う。真宗学科卒業論文マニュアルを熟読していることを前提とし、書式、文章表現、論理的構成などゼミ発表時にも徹底して指導する。

テキスト・参考文献
テキスト
浄土真宗本願寺派『浄土真宗聖典(註釈版)』
参考文献
坂井祐円 『仏教からケアを考える』 (法蔵館)
仏教社会福祉学会 『仏教社会福祉入門』 (法蔵館)

▲ページトップ

(2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)



教員一覧へ戻る
トップページへ戻る