殿内 恒 教授

文学部 所属


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1966年
出身地
大阪府
専門分野
真宗学。中でも中国浄土教から浄土真宗に至る教理史の流れが研究領域の中心
関連分野
仏教学、仏教史学
所属学会
日本印度学仏教学会、日本仏教学会、日本宗教学会、真宗連合学会、龍谷大学真宗学会
研究課題
真宗教義の教理史的研究

ゼミ紹介

4回生ゼミ(教義学演習UA・B)
講義テーマ(内容)
真宗に関連する諸問題

講義概要
本演習は、卒業論文の完成を最終目標とするものである。そこでは、真宗に関連する各自の問題意識を明確にし、深めていくと共に、その問題意識に沿った研究成果を卒業論文という形にまとめていくことが求められる。そこで毎週の演習では、各自の問題意識に基づく発表をもとに全員で討論し、あわせて論文作成に向けた具体的な作業を進めていく。なお最初の数週間は、指定テキストの内容研究により真宗に関する理解を深め、卒業論文の質向上を目指す。

授業の計画・進め方
各週の担当者による指定テキストの研究発表、問題意識に沿った研究発表を行い、それぞれ討論を通して、真宗教義に関する理解、各自の研究内容についての理解を、共有しつつ相互に深めていく。
テキスト・参考文献
テキスト
特になし

参考文献
適宜、指示・紹介する。

講義紹介

真宗学文献研究A/B
講義テーマ(内容)
『一念多念文意』の読解
講義概要
法然が示した念仏往生の法門をめぐって門下内で起きた一念・多念の諍論に対し、一念・多念のいずれにも偏執すべきではないことを述べたのが、親鸞の『一念多念文意』である。これは、法然門下の先輩にあたる隆寛が著した『一念多念分別事』に引かれる経釈文を註釈する体裁を取りながら、単なる註釈書にとどまらず、親鸞自らの念仏往生理解を示したものとなっている。その構成は、前半が一念の意義についての釈、後半が多念の意義についての釈に分かれるが、その全体を通して法然から承けた念仏往生の法門が、親鸞独自の立場から明らかにされている。本講義では、親鸞の他の撰述等も参照しながら『一念多念文意』の本文前半を読解していくことで、親鸞に特徴的な念仏往生理解の把握を目指す。

授業の計画・進め方
発表をまじえながら、板書・資料プリントを用いた講義を中心に進める予定。まず、親鸞撰述における『一念多念文意』の位置、その構成等を概観し、続いて、他の撰述等も参照しながら本文前半の内容を読解していく。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典全書(二・宗祖編上)』(本願寺出版社)

参考文献
『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典 一念多念文意(現代語版)』 (本願寺出版社)
その他、講義時に紹介する。

(2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)


教授一覧へ戻る
トップページへ戻る