玉木 興慈 准教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

  • 3回生ゼミ(伝道学演習TA・B)
  • 4回生ゼミ(教学史演習UA・B)
    教授一覧へ戻る

  • ≪プロフィール≫
    生年
    1969年
    出身地
    大阪府
    専門分野
    真宗学 特に真宗教義学
    関連分野
    仏教学・宗教学
    所属学会
    龍谷大学真宗学会・日本印度学仏教学会・日本仏教学会・日本宗教学会・真宗連合学会・北海道印度哲学仏教学会・宗教倫理学会
    研究課題
    『教行信証』の研究。現代に生きる私の問題として、親鸞の念仏思想を考察する。

    ゼミ紹介

    4回生ゼミ(教学史演習UA・B)
    講義テーマ(内容)
    卒業論文執筆を通して、現代を考える
    講義概要
    教学史演習UA・教学史演習UBを通して、卒業論文の執筆が最終目標である。
    卒業論文は学部での学びの集大成であるから、これまでの学びの総点検と、各自の関心・問題意識の整理を並行して進めてもらう。
    教学史演習UAにおいては、卒業論文のテーマを決定していく。そのために、基礎資料を収集し、卒業論文の概要・方向性を定める。
    夏期休暇中に各自、構想を作成する。
    教学史演習UBにおいては、各人の発表と質疑応答を重ねつつ、個人指導に重点を置きながら、卒業論文を完成させる。
    授業の計画・進め方
     教学史演習UAでは、発表者の用意したレジュメ・口頭発表を元に、全員で討論を重ねる。
    教学史演習UBでは、個人指導が中心となる。
    テキスト・参考文献
    テキスト
    特になし

    参考文献
    特になし
    3回生ゼミ(伝道学演習TA・B)
    講義テーマ(内容)
    親鸞と蓮如の言葉から、現代の真宗・伝道を考える
    講義概要
     真宗を学ぶことの意味について、共に考えていきたい。
    伝道とは、「宗教的真理を言葉とわざを通して、伝達弘布すること」(『宗教学辞典』)です。真宗の伝道においては、親鸞が明らかにした宗教的真理とは何か、また、その宗教的真理を親鸞が、誰に、どのように伝達弘布したかが問われなければなりません。
     親鸞の置かれた時代、蓮如の生きた時代はそれぞれ異なります。また親鸞の求道者としての側面、蓮如の伝道者としての側面など生き方も異なるということができます。
     親鸞の求めた宗教的真理は、数百年前の彼らにのみ示されるものではありません。今を生きる私たちをも大きく、強く揺さぶる言葉でもあります。
     本演習では、親鸞の『御消息』と蓮如の『御文章』を丁寧に読み進めていきながら、そこに明らかにされる宗教的真理をそれぞれが問いつつ、求道・伝道の姿勢・課題について、一緒に考えていきたいと考えています。
     伝道学は、語る立場、語られる事柄、聞く立場についての検討が不可欠です。
    授業の計画・進め方
    講義方法/Study Method  はじめの数回はこちらで講義を行い、この演習の目指す方向や進め方などについて話します。その後は、ゼミ生の皆さんに発表を行ってもらいます。
     みなさんの研究発表がこの演習の中心となります。発表者は、担当箇所について、充分な用意をして発表に臨むこと。事前の相談は大歓迎です。
     一方的に聞く側としてのみではなく、皆が積極的・意欲的に参加することで演習は成立します。
     意欲的に学ぶ中で、卒業論文に向けての意識も高めてもらえればよいと思います。
    テキスト・参考文献
    テキスト
    テキスト 『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社) 5,720円 (ISBN:978-4-89416-270-9)
    テキストについては、初回の講義時に詳細を説明する。

    参考文献
    テキスト 天岸淨圓 『御文章ひらがな版を読む』 (本願寺出版社) (ISBN:9784894164918)
    テキスト 浅井成海 『御文章を読む』 (六角会館)
    講義中に、随時、紹介します。

    (2019年度龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)


    教授一覧へ戻る
    トップページへ戻る