高田 文英 准教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

  • 4回生ゼミ(教義学演習UA・B)
     
  • 3回生ゼミ(教義学演習TA・B)

    ■講義紹介■

  • 教義学講読E
  • 仏教の思想A・B
  • 歎異鈔の思想T/U
    教授一覧へ戻る

    ≪プロフィール≫
    生年
    1977年
    出身地
    福井県
    専門分野
    真宗学、印度哲学(含仏教学)
    関連分野
    所属学会
    龍谷大学真宗学会、日本印度学仏教学会、日本宗教学会、真宗連合学会、龍谷教学会議、早稲田大学東洋哲学会
    研究課題
    浄土教と親鸞教義の研究
    論文
    「『九品往生義』の引用経論疏についてー引用一覧の作成とその検討ー」(真宗研究会紀要36・2004)
    「浄土教における厭離穢土の教理史的研究」(博士論文・2007)
    「源信撰『阿弥陀経略記』の無縁慈悲説について」(浅井成海先生古稀記念論集『日本浄土経の諸問題』近刊)

    ゼミ紹介

    4回生ゼミ(教義学演習UA・B)
    講義テーマ(内容)
    真宗学の諸問題

    講義概要
    (1)各自の問題意識に沿った調査・研究を行い、卒業論文へとつなげていく。
    (2)さまざまな発表を聞き議論することを通して、真宗学の様々な事柄に視野を広げるとともに、ゼミ生全員が卒論を仕上げられるように協力する。
    本演習は、卒業論文にむけた個人発表と討議を中心に進めていきます。
    卒業論文の製作には、大まかに分ければ、
     1.卒業論文のテーマ設定(問題の所在の明確化)
     2.先行研究や必要な資料の収集・整理・分析
     3.構想(目次・ストーリー)を練る
     4.執筆する・校正する
    といった作業が必要となります。
    受講者には、これらの行程を意識しながら自身の卒論製作を進めていくとともに、他の受講者の発表にも積極的に関わり、論文執筆の技術や真宗学の理解をお互いに深めていくことが求められます。
    授業の計画・進め方
    受講者による個人発表と討議によって進める。

    テキスト・参考文献
    テキスト
     『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社)
     『浄土真宗聖典全書(二・宗祖篇上)』 (本願寺出版社)
    参考文献
     塚本善隆編 『日本の名著5 法然 (中公バックス)』 (中央公論社)
     浅井成海 『聖典セミナー 選択集』 (本願寺出版社)
     平雅行 『法然(日本史リブレット人)』 (山川出版社)
    (2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)
  • 教授一覧へ戻る
    トップページへ戻る