杉岡 孝紀 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

  • 大学院ゼミ(真宗学演習)
  • 4回生ゼミ(伝道学演習U)   

    ■講義紹介■   

  • 仏教の思想A・B   
  • 歎異鈔の思想T・U   
  • 食と農の倫理
    教授一覧へ戻る

    ≪プロフィール≫
    生年
    1965年
    出身地
    岐阜県
    専門分野
    真宗学(親鸞思想)
    関連分野
    宗教哲学、仏教学
    所属学会
    龍谷大学真宗学会、日本印度学仏教学会、日本宗教学会、真宗連合学会、日本仏教学会
    研究課題
    長期の研究課題は日本浄土教と親鸞教学である。現在は、解釈学的方法によって『教行信証』の思想を解明することがテーマとなっている。

    ゼミ紹介


    大学院ゼミ(真宗学演習)
    講義テーマ(内容)
    『教行証文類』「化身土文類」の研究
    講義概要
    『教行証文類』六「化身土文類」(末)を文献学的に理解し解釈することを通して、親鸞における神祇観と外教に対する理解を考えていきます。
    「化身土文類」は、従来指摘されてきたように、『教行証文類』の「真実之巻」五巻に対する「方便之巻」という位置づけにある。また同時に、第五巻「真仏土文類」に対する「化身土」の巻でもある。「化身土文類」は前半(本)と後半(末)に大きく分かれる。前半では浄土門内の方便の法門、すなわち『観無量寿経』に基づく第十九願位要門と『阿弥陀経』に基づく第二十願位真門の行信とその果が明かされる。次いで、聖道門の方便の本質が正像末の三時思想との関係から明らかにされている。後半の内容は、仏教以外の外道、六十二見・九十五種の邪道が誡められる。「化身土文類」が置かれた理由は、方便化身土の因果とその意義を明示し、また方便の法門が開設された仏の深意を明らかにすることにある。そのため、「外教釈」は前半に添えられた付随的なもの、「附録」の位置づけとして扱われることが多く、前半に比べるとその思想内容が詳細に探究されることは極めて少ない 。しかし、こうした見方には疑問が残る。本演習では、この「外教釈」を文献学的に読み進めながら、親鸞の神祇観及び外教(外道)に対する理解を探究していきたい
    授業の計画・進め方
    院生の発表(担当箇所の研究発表)を中心に、受講者によるディスカッションによって進めます。また各自の研究課題を明確にし、研究方法論を確立できるよう指導していきます。論文指導はゼミの時間外にも個別指導を行います。後期も前期と同様に引き続き研究発表を実施していきます。
    テキスト・参考文献
    テキスト
    『真宗聖典全書』二 (本願寺出版社)
    参考文献
    manabaと講義時に随時紹介

    4回生ゼミ(伝道学演習U)
    講義テーマ(内容)
    真宗伝道に関連する諸問題
    講義概要
    前年度までの学習を発展させながら、各自の問題意識に沿った学習内容を発展させまとめていく。
    本演習は、四年間の学習の成果としての卒業論文の完成を最終目標とするものである。そこでは、親鸞思想に関連する各自の問題意識を明確にし、深めていくと共に、その問題意識に沿った学習の成果を卒業論文という形にまとめていくことが求められる。そこで毎週の演習では、各自の問題意識に基づく発表をもとに全員で討論し、あわせて論文作成に向けた具体的な作業を進めていく。卒論作成にあたっては、親鸞教義に関する基礎的理解を深める必要があり、授業では真宗学における基礎概念についても講義していくことになる。
    授業の計画・進め方
    各週の担当者が自身の問題意識に沿った発表を行い、討論を通して親鸞教義の基礎的な理解を深めていく。/dd>
    テキスト・参考文献
    テキスト
    『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社)
    ▲ページトップ
  • (2019年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)

    教授一覧へ戻る
    トップページへ戻る