能美 潤史 准教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1982年
出身地
広島県
専門分野
真宗学
関連分野
仏教学、宗教学
所属学会
龍谷教学会議、真宗学会、日本印度学仏教学会、日本宗教学会、真宗連合学会
研究課題
真宗聖教の国語的考察


ゼミ紹介

3回生ゼミ(教学史演習TA・B)
講義テーマ(内容)
蓮如の教学と伝道の姿勢を言行録から学ぶ

講義概要
本演習では、本願寺第八代宗主蓮如の教学について、蓮如の言行録を読み進めながら学んでいく。蓮如はその巧みな伝道教化により、本願寺の教線を飛躍的に拡大させた人物である。その言行録である『蓮如上人御一代記聞書』を読み進めることで、親鸞以降、教学がどのように展開し、また蓮如がどのような言葉で教法を表現していったのかを学んでいく。また、真宗伝道において比類なき足跡を残した蓮如の伝道姿勢についても理解を深めたい。

授業の計画・進め方
はじめの数回はオリエンテーション及び教員による講義をおこなう。その後はゼミ生による発表と自由討議とする。また、適宜、教員による補足の講義を行う。

テキスト・参考文献
テキスト
教学伝道研究センター 『浄土真宗聖典 註釈版』 (本願寺出版) 5,616円 (ISBN:4894162709)

参考文献
教学伝道研究センター 『浄土真宗聖典 蓮如上人御一代記聞書(現代語訳)』 (本願寺出版) 1,296円 (ISBN:4894166410)

▲ページトップ

(2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)



教員一覧へ戻る
トップページへ戻る