那須 英勝 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1961年
出身地
滋賀県
専門分野
真宗学、宗教文化史
関連分野
所属学会
日本印度学仏教学会、日本宗教学会、日本仏教学会、宗教倫理学会、日本仏教総合研究会、American Academy of Religion、Association of Asian Studies、Society for Buddhist-Christian Studies、国際真宗学会、龍谷大学真宗学会
研究課題
国際的、学際的な視野を持って親鸞思想を学ぶことを志しています。

ゼミ紹介

大学院ゼミ(真宗学演習)
講義テーマ(内容)
『教行証文類』の基礎的研究
講義概要
鸞の主著である『教行証文類』を、存覚『教行信証六要鈔』を指南としつつ、「御自釈」の文を中心に精読します。その際、親鸞の宗教思想の学的組織を体系的に理解するために必要な、真宗教義学の学的伝統に関する基礎力の養成とともに、現代語訳や英語訳の『教行証文類』のテキストなども参照しながら、親鸞思想の現代的・学際的理解の試みについても学びを深めます。今年度は「証文類」から読み始め、また『六要鈔』に加えて、石泉僧叡『教行信証文類隨聞記』と松島善譲『本典敬信記』も参照しながら、宗学の伝統における『教行証文類』の研究の教学史的展開についても留意しながら研究を進めます。
授業の計画・進め方
学生の研究報告を中心に、クラス参加者全員によるディスカッションによって講義を進める。今年度修士論文を提出予定の学生には、演習時間中に適宜、時間を設けて、研究経過報告を課する。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典全書 第二巻』 (本願寺出版社)
『真宗聖教全書 T・U』 (大八木興文堂)
その他、講義時に使用する資料は講義中に配布します。

参考文献
浄土真宗本願寺派総合研究所 『『教行信証』の研究 全四巻』 (浄土真宗本願寺派宗務所)
梅原真隆 『教行信証新釈』 (専長寺文書伝道部発行所)
村上速水 『教行信証を学ぶ―親鸞教義の基本構造』 (永田文昌堂)
信楽峻麿 『真宗聖典学〈3〉 教行証文類 (真宗学シリーズ)』 (法蔵館)
石田慶和 『教行信証の思想』 (法蔵館)
石田瑞麿 『教行信証入門』 (講談社学術文庫)
] 武内義範 『教行信証の哲学』 (法蔵館)
今村仁司 『親鸞と学的精神』 (岩波書店)
合群信哉 『仏典を読むシリーズ 「教行信証」を読む』 (角川学芸出版)
D.T. Suzuki, trans. 『Shinran's Kyogyoshinsho: The Collection of Passages Expounding the True Teaching, Living, Faith, and Realizing of the Pure Land』 (Oxford Univ Press)
武田龍精 『真宗百論題の研究』 (永田文昌堂)
 浄土真宗本願寺派総合研究所 『『教行信証』の研究 全四巻』 (浄土真宗本願寺派宗務所)
 普賢晃寿 『顕浄土真実証文類講讃』 (永田文昌堂)

4回生ゼミ(伝道学演習U)
講義テーマ(内容)
真宗伝道の課題と展望
講義概要
真宗伝道学に関連する基礎的な資料の読解から始めて、浄土真宗の社会的実践、諸宗教との対話、国際的な伝道など、具体的な問題を取り上げ、現代社会に生きる人間に関わる宗教としての浄土真宗の伝道の課題と展望について、共に学びを深めましょう。この演習の主たる目的は卒業論文の作成ですが、真宗伝道学に関連する基礎的な資料の読解を通して、現代社会における親鸞思想のもつ意義についての理解を深めための指導も合わせて行う計画です。
授業の計画・進め方
自分の選んだ卒論のテーマについての下記のテーマで前期に2回の個人発表を課します。
第1回目:研究テーマの設定と参考資料の収集。
第2回目:先行研究の検討と研究方法論の明確化。
この演習の主たる目的は卒業論文の作成ですが、ゼミ生の関心に合わせて、真宗伝道学に関連する知識の習得のための指導も合わせて行う計画です。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典全書二(宗祖篇上)』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典全書五(相伝篇)』 (本願寺出版社)

参考文献
矢田了章編 『真宗伝道の課題と展望』 (龍谷大学仏教文化研究所)
高山秀嗣 『中世浄土教者の伝道とその特質』 (永田文昌堂)
高田信良 『宗教の教学―親鸞のまねび』 (法蔵館)
信楽峻麿 『真宗求道学』 (法蔵館)
山岡誓源 『アメリカへの真宗伝道:宗教教育の新しいかたち』 (永田文昌堂)
田中ケネス 『アメリカ仏教―仏教も変わる、アメリカも変わる』 (武蔵野大学出版会)
その他、参考文献は授業中に紹介、指示、配布します。

3回生ゼミ(伝道学演習T)
講義テーマ(内容)
真宗伝道の課題と展望
講義概要
真宗伝道学に関連する基礎的な資料の読解から始めて、浄土真宗の社会的実践、諸宗教との対話、国際的な伝道など、具体的な問題を取り上げ、現代社会に生きる人間に関わる宗教としての浄土真宗の伝道の課題と展望について、共に学びを深めましょう
授業の計画・進め方
前期は「真宗伝道学」とはどのような学問なのか、その理論を学ぶために、基礎資料の文献講読を中心に講義をすすめます。
後期は「伝道学」の理論が、現代社会の中でどのように実践されているのかについて具体的な問題を取り上げて検討します。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典全書二(宗祖篇上)』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典全書五(相伝篇)』 (本願寺出版社)

参考文献
矢田了章編 『真宗伝道の課題と展望』 (龍谷大学仏教文化研究所)
高山秀嗣 『中世浄土教者の伝道とその特質』 (永田文昌堂)
高田信良 『宗教の教学―親鸞のまねび』 (法蔵館)
信楽峻麿 『真宗求道学』 (法蔵館)
山岡誓源 『アメリカへの真宗伝道:宗教教育の新しいかたち』 (永田文昌堂)
田中ケネス 『アメリカ仏教―仏教も変わる、アメリカも変わる』 (武蔵野大学出版会)
その他、参考文献は授業中に紹介、指示、配布します。

講義紹介

真宗学特殊研究A・B
講義テーマ(内容)
『真宗小部集』の研究
講義概要
前期開講の本講義では主として『真宗小部集』一巻「安心部」所収の諸テキストをとりあげ、特に三業惑乱前の本願寺派の教学史の展開について、功存の主張した「三業帰命説」との関わりの中で書かれた著述をもとに検討してみたい。
授業の計画・進め方
テキストの精読と、クラス参加者全員によるディスカッションによって講義を進める。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典全書 第二巻』 (本願寺出版社)
『真宗聖教全書 T・U』 (大八木興文堂)
『真宗全書62巻(雑部)』 (蔵経書院)
参考文献
特になし

(2017年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)


教授一覧へ戻る
トップページへ戻る