内藤 知康 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1945年
出身地
大阪府
専門分野
真宗教義学
関連分野
浄土教理史、真宗聖典学、真宗教学史
所属学会
日本印度学仏教学会、日本仏教学会、真宗連合学会、龍谷教学会議、龍谷大学真宗学会
研究課題
親鸞教義の研究
著書
『安楽集講読』
『わかりやすい名言名句―親鸞聖人のことば』村上速水・内藤知康共著
『安心論題を学ぶ』

ゼミ紹介

大学院ゼミ(真宗教学史演習)
講義テーマ(内容)
真宗教学の諸問題ー真宗百論題の研究ー
講義概要
親鸞以降の覚如・蓮如等の歴代宗主や江戸期の学僧等に於ける親鸞教義の受容・解明の歴史的展開は教学史の研究領域であるが、真宗教学の研究に関して、諸先輩の教学研鑽の成果を参照することは必須であると言わねばならない。本演習は、真宗教学の諸問題の研究にあたって、江戸期の学僧の教学研鑽の成果を検討対象としたい。具体的には、『真宗叢書』T・Uに収録されている真宗百論題の中から、受講生の関心に応じた論題を取り上げて、江戸期宗学に用いられる種々の名目及びその論理形式について習熟し、同種の文献の読解力を身につけるとともに、諸先輩の教学理解を解明し、自らの教学研鑽の資助としていただきたい。
授業の計画・進め方
受講生それぞれが自らの関心に応じて選択した論題についての発表を承けて、自由討議を行う。
テキスト・参考文献
『真宗叢書 1巻』 (臨川書店)
『真宗叢書 2巻』 (臨川書店)
4回生ゼミ(教学史演習U)
講義テーマ(内容)
真宗教学史の諸問題
講義概要
 真宗学の研究においては、先行研究の検討は不可欠であるといえよう。先行研究の検討とは、そのまま真宗教学史の研究分野である。自らの問題意識を深め、解決するためには、同じような問題意識を持った先輩の研究を参照することこそが必要であり、その姿勢を本演習の基本姿勢としたい。
 なお、各自が持った問題意識を卒業論文のテーマとし、先行研究検討の具体的な方法は、卒業論文の指導を通じて考えてみたい。
授業の計画・進め方
基本的に発表及び自由討議とする。
テキスト・参考文献
特になし。適宜指示する。

講義紹介

真宗教学史演習特殊研究A・B
講義テーマ(内容)
「信文類」の諸問題(1)・(2)
講義概要
「信文類」の諸問題について、先哲の諸見解および通説を紹介する。
授業の計画・進め方
まず講義担当者が講義をし、その後受講者の質問・意見の時間を取る等、可能な限り講義担当者と受講者との対話を重視した講義方法をとる。
テキスト・参考文献
教学研究伝道センター 『浄土真宗聖典全書(二)宗祖編上』 (本願寺出版社)
  教学研究伝道センター 『浄土真宗聖典全書(一)三経・七祖篇』 (本願寺出版社)
真宗学概論A
講義概要
真宗教義とは、親鸞の宗教体験を仏教および浄土教の論理によって、論理化・体系化されたものである。そのような真宗教義を、常に親鸞の宗教体験に基づいているということを意識しつつ、現代の視点も踏まえながら、体系的な学びの場としてゆく。
授業の計画・進め方
講義内容は以下の通りである。
第1回 親鸞の宗教体験(1)親鸞の生涯
第2回 親鸞の宗教体験(2)親鸞の追求したもの
第3回 親鸞の宗教体験(3)親鸞の得たもの
第4回 真実と方便
第5回 三願と三経
第6回 『観経』と『阿弥陀経』
第7回 出世本懐
第8回 真実教としての『大経』
第9回 阿弥陀仏という仏(1)報身仏と報土
第10回 阿弥陀仏という仏(2)二種法身
第11回 阿弥陀仏という仏(3)実相為物・十劫久遠
第12回 救われる人間(1)人間観の伝統
第13回 救われる人間(2)親鸞の人間観ー悪人の意義ー
第14回 救われる人間(3)輪廻内の存在と縁起的存在
第15回 回向の宗教(1)二回向と四法
第16回 回向の宗教(2)名号の回向
第17回 回向の行(1)念仏往生の系譜
第18回 回向の行(2)回向の意義と名号の活動
第19回 回向の行(3)名号の意義
第20回 回向の行(4)他力の行と一乗の法
第21回 回向の信(1)三心と一心
第22回 回向の信(2)回向の構造
第23回 回向の信(3) 聞名の意義
第24回 回向の信(4) 信心の相
第25回 回向の信(5) 菩提心
第26回 真宗の利益(1) 現生の利益
第27回 真宗の利益(2) 未来の利益(往生即成仏と還相)
第28回 真宗の利益(3) 報土往生と化土往生
第29回 阿弥陀仏と浄土
第30回 念仏者の生活
テキスト・参考文献
テキスト
浄土真宗本願寺派 『浄土真宗聖典 七祖篇(註釈版)』 (本願寺出版社) 6,000円
浄土真宗本願寺派 『浄土真宗聖典(註釈版)第二版』 (本願寺出版社) 5,460円

参考文献
村上速水著 『親鸞教義とその背景』 (永田文昌堂)
その他、講義中に適宜紹介する。
(2013年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)

教授一覧へ戻る
トップページへ戻る