鍋島 直樹 教授

文学部 所属


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る


≪プロフィール≫
生年
1959年
出身地
兵庫県
専門分野
真宗学(浄土教思想・親鸞思想)。親鸞の生死観。仏教の生命観
関連分野
バイオエシックス、死生学
所属学会
龍谷大学真宗学会、日本印度学仏教学会、真宗連合学会、日本仏教学会、日本医学哲学倫理学会、日本宗教学会、国際真宗学会
研究課題
浄土教の生死観・親鸞における愛と慈悲・浄土教とバイオエシックス
著書
『アジャセ王の救い ― 王舎城[おうしゃじょう]悲劇の深層 ―』
ホームページ
http://www.law.ryukoku.ac.jp/~nabe/

ゼミ紹介


大学院ゼミ(真宗学演習T・U)
講義テーマ(内容)
親鸞教義の普遍性と特別性ー典拠を明らかにし、基本を学ぶ

講義概要
 真宗学は、親鸞およびそれを受け継ぐ先師によって明らかにされた浄土真宗の教義の特質を解明し、あらゆる人々にとって、それが普遍的な真実であり、究極的な依りどころであることを、聖典を典拠とし、論理的体系的に論証する学問である。それは経論釈の文献研究を通して、親鸞の言葉を読解し、親鸞の求めたもの、宗教的真実を解明することが求められる。この大学院演習では、第一に、親鸞教義を『教行証文類』を読解することを通じて学びたい。第二、学生それぞれがもっている課題を尊重し、その研究が意義あるものとなるように支援していきたい。真宗教義に照らされながら、世界の人々が抱えている苦悩を知り、悲しみを超えていける羅針盤となるような学術研究につながることを願う。
 真宗学は、親鸞教義の特質を歴史学や文献解釈学によりながら解明する研究であり、その宗教的真実を依りどころとして、世界の苦悩や悲嘆、先進的な科学技術の直面している課題に向き合い、それらの課題に応えるような実践真宗学が求められている。まず、文証、エビデンスに基づく仏教用語の正確な理解が基本である。先行研究に学ぶ謙虚な姿勢が求められる。大切にしたいことは、研究者自身の自由な問いであり、研究者自身の弥陀の本願を聞信する姿勢である。また、この世界における生老病死の苦悩の現実に立ち、心を寄せる姿勢をもつことが求められる。このゼミでは、学生一人ひとりの問いや関心を尊重し、親鸞教義の理解を深めながら、一人ひとりの研究が現代世界の課題に応えうるものになるようにしていきたい。
 演習では二つを目標とする。
 第一に、研究の課題、目的、研究方法、構成、参考文献を発表しあい、修士論文や博士論文を執筆しやすいようにしたい。修士1回生は、『教行証文類』を和語聖教を参照しながら基本的に理解してほしい。また、学生の希望があれば、阿闍世王の救い、親鸞の死生観、浄土観、ビハーラ活動と臨床宗教師の意義についても共に考えたい。
 第二に、修士論文の研究発表をくりかえし行い、学生自身が修士論文を書きやすいように支援したい。博士後期課程や研究生は、博士論文の進捗状況報告と学会発表できるように支援する。

授業の計画・進め方
 COVID-19感染防止対策のため、対面授業とオンライン授業とを併用し、manabaコースで演習指導を行う。オンライン授業とは、文字、音声、静止画、動画等のうち、2つ以上を組み合わせること。A 設問解答、添削指導、質疑応答等による指導を行なうとともに、学生同士の意見交換の機会も確保することである。毎回、manabaコースで、論文読解、発表者、応答者、自由討議によって進める。ゼミ発表は、年に一人数回、教行証文類講読を担当する。そのレジメ作成の際、テキストの聖典全書や研究書を引用してまとめるとともに、学生が新たに得た知見や問いを発表してほしい。応答者は、友達の発表を聞いて、その確認と質問を行う。少人数で自由に話しあえるようにし、総合的なまとめを担任が行う。
 発表や討議を通して、各自の研究が自由で生き生きとしたものとなるようになることを願っている。COVID-19感染が収束すれば、ゼミ合宿、日帰りで学外の美術館や寺院訪問をしたい。

テキスト・参考文献
テキスト
浄土真宗総合研究所 『『顕浄土真実教行証文類』解説論集』 (本願寺出版社)
浄土真宗総合研究所 『『顕浄土真実教行証文類』の背景と展開』 (本願寺出版社)
大谷光真 『いまを生かされて』 (文藝春秋)
大谷光真 『大世のなか安穏なれ 現代社会と仏教』 (中央公論社) 700円 (ISBN:9784894164642)
内藤知康 『正信偈 聖典読解シリーズ5』 (法蔵館)
鍋島直樹 『ビハーラ活動と臨床宗教師研修の歴史と意義 親鸞の死生観を基盤にして』 (日本仏教学会年報87)
梯實圓 『教行信証の宗教構造』 (法蔵館) 7,200円
内藤知康 『顕浄土真実行文類講読』 (永田文昌堂)
殿内恒 『教行証文類にみる対外的姿勢』 (真宗学116号)
鍋島直樹 『親鸞における生死超越の視座 摂取心光常照護の特質』 (真宗学140号)
鍋島直樹 『親鸞における生死出離の道(下)ー証知生死即涅槃・入生死園示応化の意義』 (真宗学143・144号)
鍋島直樹 『アジャセ王の救い 王舎城悲劇の深層』 (方丈堂出版)
参考文献
村上速水 『親鸞教義の研究』 (永田文昌堂)
村上速水 『続・親鸞教義の研究』 (永田文昌堂) (ISBN:9784831824172)
梯實圓 『親鸞教学の特色とその展開』 (法蔵館) 7,000円 (ISBN:978-4-8318-8735-1)
深川宣暢 『浄土文類聚鈔講読』 (永田文昌堂) (ISBN:9784816221484)
安藤光慈 『唯信鈔文意講読』 (永田文昌堂) (ISBN:978-4816235672)
普賢保之 『尊号真像銘文講読』 (永田文昌堂) (ISBN:4816221379)
利井鮮明 『宗要論題決擇編』 (顕道書院)

講義紹介

真宗学概論A
講義テーマ(内容)
親鸞教義と世界

講義概要
 「親鸞の明かした教義の全体像を把握することをめざす。親鸞の著述した聖典を通して、教義の基本を学び、現代世界の苦悩にどのように向き合えばよいかを共に考える。
 真宗教義とは、親鸞の宗教体験を仏教および浄土教の論理によって、論理化・体系化されたものである。そのような真宗教義を、つねに親鸞の宗教体験に基づいているということを意識しつつ、現代の視点も踏まえながら、体系的な学びの場としてゆく。宗教とは何か、仏教の生命観、親鸞の生涯、阿弥陀仏・本願・念仏・自力と他力・信心・悪人正機・往生浄土・還相回向・非暴力と平和・常行大悲・念仏者の実践について学ぶ

授業の計画・進め方
新型コロナウイルス感染防止対策を守り、安心で安全な方法で講義を行いたい。
対面講義を基本としながら、オンライン講義も併用して、manabaコースを活用しながら、講義を行う予定。
対面講義の場合は、板書・パワーポイント・プリントを用いながら講義する。
オンライン講義の場合は、授業のプリントをmanabaコースで配布して、動画も用いながら学べるようにしたい。

テキスト・参考文献
テキスト
浄土真宗本願寺派 『浄土真宗聖典(註釈版)第二版』 (本願寺出版社) 5,460円
浄土真宗本願寺派 『浄土真宗聖典 七祖篇(註釈版)』 (本願寺出版社) 6,000円
参考文献
村上速水 『親鸞教義とその背景』 (永田文昌堂)
勧学寮編 『親鸞聖人の教え』 (本願寺出版社)
大谷光真 『世の中安穏なれ 現代社会と仏教』 (中央公論新社)
村上速水 『親鸞読本』 (百華苑)
内藤知康 『どうなんだろう?親鸞聖人の教えQ&A』 (本願寺出版社)
浄土真宗本願寺派教師資格課程 『浄土真宗本願寺派 僧侶教本B』 (本願寺出版社) 2,400円
その他、講義中に適宜紹介する。

(2019年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)



教員一覧へ戻る
トップページへ戻る