貴島信行 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1951年
出身地
大阪府
著書
『やさしく語る親鸞聖人伝』(共著・本願寺出版社・2011)
『月々のことば : 選択本願は浄土真宗なり 二〇一〇(平成二十二)年真宗教団連合法語カレンダー』(共著・本願時出版社・2009)
『春をよろこび』(共著・本願寺出版社・2001)

宗教実践演習T・U
講義テーマ(内容)
真宗伝道の基礎的研究と実践
講義概要
親鸞聖人の伝道姿勢を明らかにし、真宗伝道の基礎となる教学理解と伝道上の諸問題について考察する。まずはじめに、真宗の教義理解における重要なテーマ(他力本願、往生浄土、悪人正機)を設定し、テキストや関連書籍を用いて伝道実践という視点から学ぶ。さらには、伝道上でのキーワードとなると考えられる諸問題の中から各自が選択、もしくは新たに抽出したテーマをもとに発表を行い、討議を通して、現代における伝道実践の意義について考究する。
授業の計画・進め方
テキスト・関連図書を読み、まず真宗教義、伝道上で重要であると考えられる教学的課題(他力の教え、往生浄土の道、悪人の救い)について学ぶ。そして事前に提示したテーマより学生が選択、もしくは新たな伝道上の諸課題(教学、寺院伝道、布教伝道に関する事項)の抽出により、各自が発表を行う。さらにグループ討議によって各課題の共通性や独自性について確認し、現代における真宗伝道の視点や方向性を明らかにしていく。発表に関しては、修士論文を視野に入れた伝道課題の研究、また実践方法の検討が望まれる。

テキスト・参考文献
テキスト
テキスト 『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社)
テキスト 『浄土真宗聖典全書』 (本願寺出版社)

参考文献
『親鸞聖人ーその教えと生涯に学ぶー』 (本願寺出版社) 1,080円
『親鸞教義の誤解と理解』 (永田文昌堂)
『やさしく語る親鸞聖人伝』 (本願寺出版社) 1,296円
講義中に適宜紹介する。
教授一覧へ戻る
(2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)

教授一覧へ戻る
トップページへ戻る