川添 泰信 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1949年
出身地
宮崎県
専門分野
真宗学、浄土教理史学特に鎌倉浄土教
関連分野
仏教学、宗教学、伝道学
所属学会
真宗学会、日本印度学仏教学会、日本仏教学会、龍谷教学会議、真宗連合学会
研究課題
法然・親鸞によって確立された浄土教思想をメインテーマとしながら、そこにいたる浄土教の思想展開の研究、法然浄土教の研究

ゼミ紹介

大学院ゼミ(浄土教理史演習)
講義テーマ(内容)
『教行証文類』の教理史的研究(続講)
講義概要
本ゼミは前年度からの継続として、「行文類」の大行釈からはじめ、続いて「教巻」を精読していく予定である。具体的な内容については、各自の問題意識を背景としながら研究、考察を進める。
授業の計画・進め方
基本的には、各自の発表および自由討議。
具体的には、担当ゼミ生の発表が約1時間、少休憩の後、ゼミ生全員での討議が約1時間行われる。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典全書1巻 三経七祖篇』 (本願寺出版社) 6,000円
『浄土真宗聖典全書2巻 宗祖篇上』 (本願寺出版社) 5,000円
講義中、必要に応じて、コピーをして配布する。
参考文献
参考文献等については講義中、必要に応じて紹介する。

講義紹介

真宗伝道学特殊研究
講義テーマ(内容)
真宗伝道学の基礎的研究とアメリカ伝道の実践的研究
講義概要
真宗伝道学の基礎的研究 @真宗教学における伝道の意味   他力回向を特徴とする真宗教学において、伝道ということがどのような意味を持つのか、についてを講義する。 A真宗伝道学の基礎的研究   真宗伝道学に関する従来の代表的研究を取り上げ、受講生の報告と質疑応答による研究を行う。 Bアメリカにおける真宗の伝播について   キリスト教の文化圏にあるアメリカにおいて、浄土真宗が社会に受け入れられるための視点と提案について講義する。 Cアメリカにおける真宗伝道史   アメリカにおける浄土真宗伝道の歴史について具体的に講義する。
授業の計画・進め方
講義は、大宮学舎においてゼミ形式で行う。 夏期集中講義で、アメリカ伝道の実態にふれながら、伝道の本質について実習を行う。
テキスト・参考文献
テキスト
特になし
参考文献
矢田了章編 『真宗伝道の課題と展望』 (龍谷大学仏教文化研究叢書22)
参考文献については講義中に必要に応じて紹介する。

教義学講読B
講義テーマ(内容)
『教行証文類』「教巻・行巻・信巻」の講読
講義概要
本講義は『教行証文類』の前半である「教巻」「行巻」「信巻」の主要部分を講読する。ただし「正信念仏偈」は省略する。
親鸞の自釈の文を中心に講読していくが、必要に応じ、経文・論文・釈文である引用文についても概観し、親鸞教義を理解していきたい。
授業の計画・進め方
親鸞の文を講読しながら、板書ならびに配布するプリントによって講義を進めていく。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典全書 第2巻 宗祖篇 上』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典(註釈版)』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典 教行信証(現代語訳版)』 (本願寺出版社)
参考文献
講義中に適宜紹介する。

真宗学概論A
講義テーマ(内容)
真宗教義の基本的理解
講義概要
真宗教義とは、親鸞の宗教的事実を、淨土仏教的論理によって体系的にあらわしたものである。このような親鸞の宗教的事実を基礎的に学ぶつと共に、現代の視点も踏まえながら、総合的な真宗の学びの場としてゆく。
授業の計画・進め方
板書および配布するプリントを用いながら講義する。
第1回 真宗学とは何か
第2回 親鸞の宗教的事実 親鸞の生涯
第3回 真宗の展開 覚如・存覚・蓮如および宗学の展開
第4回 三部経成立
第5回 『大経』説示
第6回 『観経』と『阿弥陀経』説示
第7回 教の意味
第8回 出世本懐
第9回 阿弥陀仏論(1) 報身報土
第10回 阿弥陀仏論(2)  二種法身
第11回 阿弥陀仏論(3)   実相為物・十劫久遠
第12回  人間論(1)  人間観の伝承
第13回 人間論(2)  悪人の意味
第14回 人間論(3)  正定聚論
第15回 内容のまとめ 
第16回 講義要旨紹介 
第17回 回向論(1)  二相四法
第18回 回向論(2)  名号回向
第19回 行論(1)   念仏論の系譜
第20回 行論(2)   名号成就
第21回 行論(3)   名号の意味
第22回 信心論(1)  三心即一心
第23回 信心論(2)  回向の構造
第24回 信心論(3)  聞名の意義
第25回 信心論(4)  信相
第26回 利益論(1)  現世利益
第27回 利益論(2)  証と還相
第28回 真宗者の実践  信仰と生活
第29回 真宗者の実践  真宗と伝道
第30回 講義のまとめ
テキスト・参考文献
テキスト
浄土真宗本願寺派 『浄土真宗聖典(註釈版)第二版』 (本願寺出版社)
浄土真宗本願寺派 『浄土真宗聖典 七祖篇(註釈版)』 (本願寺出版社)
参考文献
講義中に適宜紹介する。
▲ページトップ
(2017年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)

教授一覧へ戻る
トップページへ戻る