岩田 真美 准教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

  • 3回生ゼミ(教学史演習TA・B)

    ■講義紹介■

  • 教学史特殊講義A1・A2
  • 仏教の思想A・B
    教授一覧へ戻る

    ≪プロフィール≫
    生年
    1980年
    出身地
    兵庫県
    専門分野
    真宗学
    関連分野
    真宗学(真宗教学史)
    所属学会
    龍谷大学真宗学会、真宗連合学会、龍谷教学会議、国際真宗学会、日本宗教学会、日本近代仏教史研究会、仏教史学会、比較思想学会、明治維新史学会、日本仏教心理学会
    研究課題

    ゼミ紹介

    3回生ゼミ(教学史演習TA・B)
    講義テーマ(内容)
    蓮如教学と親鸞教義の展開
    講義概要
    『御文章』の講読を通して、真宗教義の基礎を学ぶとともに、次年度の卒業論文作成に向けて基本姿勢を確立させる。
    本願寺第8代宗主の蓮如は「中興の祖」とも称され、今日の本願寺教団の基盤を築いたといわれます。本演習では、とくに蓮如の『御文章』を取り上げたいと思います。『御文章』は蓮如が門徒たちに宛てて真宗の教えを説いたものであり、それは親鸞の消息(手紙)による門弟教化にヒントを得たものであったといわれます。当時の人々が理解しやすいように平易な言葉が用いられ、教義に関することのみならず、教団の状況、信仰生活のありように至るまで、極めて現実的な問題にも触れられています。
    本演習では『御文章』を読み解きつつ、その時代の課題と向き合いながら、親鸞の教えがどのように展開していったのかを検討します。そして親鸞教義と比較しながら、蓮如教学の特色について一緒に考えていきたいと思います。
    授業の計画・進め方
     はじめの数回は担当者が講義を行い、この演習の進め方、蓮如の『御文章』などについて概説します。その後は班分けをして『御文章』の各条について担当を決め、ゼミ生の皆さんに発表をしてもらいます。受講者のみなさんが主体となって研究発表と自由討議を行います。また、次年度の卒業論文の作成に向けて、各自が関心ある分野、研究テーマを選定できるよう指導し、卒論作成に向けての準備も進めていきたいと思います。

    テキスト・参考文献
    教学伝道研究センター 『浄土真宗聖典 註釈版』(本願寺出版社)5,616円(ISBN:4894162709)
    参考文献
    参考文献については講義時に随時紹介します。

  • (2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)


    教授一覧へ戻る
    トップページへ戻る