井上 見淳 准教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1976年
出身地
福岡県
専門分野
真宗学
関連分野
人文学 哲学 宗教学
所属学会
日本印度学仏教学会、日本宗教学会、真宗連合学会、龍谷教学会議、国際真宗学会、龍谷大学真宗学会
研究課題

ゼミ紹介

3回生ゼミ(教学史演習T)
講義テーマ(内容)
蓮如上人の教学展開とその姿勢に学ぶ
講義概要
本演習では、本願寺第8代宗主蓮如上人をクローズアップする。蓮如上人とは、真宗の歴史上、最も伝道に成功した人物であり、その広がりはまさに「爆発的」というにふさわしいものであった。彼がのちの本願寺教団に与えた影響は、極めて甚大であるが、その業績については肯定的な評価も否定的な評価もある。
 そこで本演習では『蓮如上人御一代記聞書』を取り上げ、まず彼が、宗祖親鸞聖人をどう捉え、その教えをどう表現し、どういう手法で伝道を試みたのか、色々な角度から学ぶこととする。その時、特に意識したいのは、親鸞聖人との「違い」についてである。そして、最終的には、蓮如に対する様々な評価を行った研究に触れ、さらに学びを深めていくこととする。
授業の計画・進め方
はじめの数回は発表方法や資料作成などのオリエンテーション、および蓮如上人についての導入ということで、教員がその生涯について講義をおこなう。以降は学生が主体となって発表を行い、それに対して質疑応答を行ってゆく。また各発表に対する補足やまとめなどは担当者が随時行う。最後の数時間は、次年度の卒業論文作成に向けての発表・討議及び担当者の助言を行い、次年度演習への導入とする。
テキスト・参考文献
テキスト
『浄土真宗聖典 註釈版』 (本願寺出版)
『現代語訳 蓮如上人御一代記聞書』 (大蔵出版)
参考文献
『浄土真宗聖典 蓮如上人御一代記聞書(現代語訳)』

(2017年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)


教授一覧へ戻る
トップページへ戻る