井上 善幸 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

  • 4回生ゼミ(教義学演習UAB)   

    ■講義紹介■

  • 仏教の思想A・B
  • 歎異鈔の思想T・U
  • 比較思想論A・B
    教授一覧へ戻る

    ≪プロフィール≫
    生年
    1971年
    出身地
    山口県
    専門分野
    真宗学、特に日本浄土教理史
    関連分野
    仏教学、宗教学
    所属学会
    龍谷大学真宗学会、真宗連合学会、日本印度学仏教学会、 日本宗教学会、宗教倫理学会、比較思想学会、龍谷教学会議
    研究課題
    親鸞の思想形成を広く日本仏教教理史の中で明らかにしていきたい。

    ゼミ紹介

    4回生ゼミ(教義学演習UAB)
    講義テーマ(内容)
    教義学の諸問題
    講義概要
    各自の関心にしたがって卒業論文のテーマを設定し、資料の収集、整理、分析をおこなうとともに、研究内容を定期的に発表していく。各発表に対して質疑応答と討議をおこない、卒業論文の指導を行う。
    自分の発表だけでなく、他の学生の発表に対して積極的かつ的確にコメントすることを求める。そのため、発表資料は事前提出を義務づけ、担当教員・参加学生で回覧することとする。
    授業の計画・進め方
      前期は卒論テーマの確定と、参照すべき先行研究の整理、論点提示を主な目的とする。そのため、1回のゼミで2人の発表を順に行い、論点が明確になったゼミ生から、順次、2回目の発表に移っていく。
    卒論作成の支援はゼミだけでなく、メールによっても行うので、漠然とした思いであれ、論理的な考察であれ、とにかく文章化することを求める。

    テキスト・参考文献
    特になし

  • (2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)


    教授一覧へ戻る
    トップページへ戻る