林 智康 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1945年
出身地
福岡県
専門分野
真宗教義学、蓮如教学
関連分野
浄土教理史、真宗教学史
所属学会
日本印度学仏教学会、日本仏教学会、日本宗教学会、真宗連合学会、国際真宗学会、龍谷大学真宗学会
研究課題
真宗教義の研究、浄土真宗の教えと現代社会の諸問題との関わり
著書
著書名をクリックすると目次へジャンプします。
『蓮如教学の研究』

ゼミ紹介

大学院ゼミ(真宗学演習)
講義テーマ(内容)
『教行信証』の研究
講義概要
今年度は昨年度に引き続き、『教行信証』化身土巻から読んでいきたい。本願寺本(西本願寺蔵)をテキストに使用するが、坂東本(旧東本願寺蔵、京都国立博物館蔵)の影印本も参照したい。また、次の点に留意して研究を進めていく。
1.引用文と原典の経・論・釈との比較を行い、その同意について明確にする。
2.存覚上人著『六要鈔』を見る。
3.従来の主な学派の説(石泉、空華、豊前等)を読む。
4.教理史、教義学、教学史の研究方法を考慮するとともに、仏教学、仏教史学、宗教哲学等の研究成果の配慮も必要である。
授業の計画・進め方
それぞれ担当箇所を決め、レジュメを作成して順次発表を行う。その発表に対して質疑応答によって内容を深めていく。また、ゼミ合宿・ゼミ旅行を計画し、修士論文の中間発表を行う。 修士論文については、それぞれのテーマに沿って指導する。
龍谷大学の施設である「龍谷ミュージアム」を訪れ、釈尊や親鸞聖人に関する資料を直接に拝観して、講義の内容を深めたい。
テキスト・参考文献
テキスト
『真宗聖教全書 第1・2巻』(大八木興文堂)
『浄土真宗聖典・浄土真宗聖典七祖篇(原典版・註釈版)』(本願寺出版社)
『浄土真宗聖典全書 第2巻 宗祖篇 上』 (本願寺出版社)

参考文献
『坂東本の影印本』
僧叡師著 『教行信証随聞記(『真宗全書』第26巻〜第29巻)』
善譲師著 『教行信証敬信記(『真宗全書』第30巻・第31巻)』
円月師著 『本典仰信録(『真宗叢書』第7巻)』
4回生ゼミ(卒業論文・教義学演習U)
講義テーマ(内容)
『浄土和讃』に学ぶ
講義概要
和讃とは漢讃や梵讃に対する語で、「和語讃嘆」の意です。浄土の仏・菩薩やその教説、あるいは高僧の行実や徳望、また仏法と時代区分などを和語でもって讃詠したものです。今様歌の源流で、平安時代の中葉、いわゆる国風文化が興隆するとともに作られ始めたといわれます。比叡山の天台宗を中心として慈慧大師良源や源信和尚などによって詠まれ、鎌倉時代になると一遍上人や時宗の系統をはじめ、各宗で作られるようになりました。親鸞聖人の和讃は五百首を超え、形式・内容ともに最も洗練されたものといわれます。
親鸞聖人は国宝本『浄土和讃』(高田専修寺蔵)の「現世利益讃」にある「和讃」の語の左訓(左仮名)に「ヤワラケホメ」(やわらげほめ)と述べられています。『浄土和讃』は聖人76歳に著されたもので、浄土三部経(『大無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』)や諸経典などによって、阿弥陀仏とその浄土の徳を讃嘆されています。
授業の計画・進め方
担当者は必ず前もってレジュメを作成して発表し、お互いに積極的な議論を通して研究を進める。
また各自の卒業論文のテーマを決め、作成に向けて種々、参考文献や資料を紹介し指導を行っていく。
後期は順次、各自の卒業論文の中間発表を行い、完成をめざして学びを深めていきたい。
龍谷大学の施設である「龍谷ミュージアム」を訪れ、釈尊や親鸞聖人に関する資料を直接に拝観して、講義の内容を深めたい。
テキスト・参考文献
テキスト
『真宗聖教全書 第2巻』(大八木興文堂)
『浄土真宗聖典全書 第2巻 宗祖篇上』 (本願寺出版社)
『浄土真宗聖典(註釈版)』(本願寺出版社)

参考文献
『浄土和讃 @〜M(『季刊せいてん』no.72〜85)』 (本願寺出版社)

講義紹介

浄土教理史
講義概要
浄土教思想は、大乗仏教の興起に深く関わりながら成立するが、具体的には浄土経典の編纂という形をとる。そして、そこに明らかにされた思想が、インド・中国・朝鮮半島・日本において受容され展開する。すなわち、三経、七祖を中心として、浄土教の思想展開を見ていく。
授業の計画・進め方
講義形式で授業を進める。資料等も配布する。
テキスト・参考文献
テキスト
『真宗聖教全書 第1・2巻』(大八木興文堂)
『浄土真宗聖典・浄土真宗聖典七祖篇(註釈版)』(本願寺出版社)
『浄土真宗聖典全書 第2巻 宗祖篇上』(本願寺出版社)

参考文献
石田充之 『浄土教教理史〈サーラ叢書15〉』 (平楽寺書店)
 『浄土仏教の思想 第1〜9巻』 (講談社)
(2013年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)

教員一覧へ戻る
トップページへ戻る