深川宣暢 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1953年
出身地
山口県
専門分野
真宗学(真宗伝道学、真宗教義解釈史)
関連分野
仏教学、真宗史、宗教学
所属学会
日本仏教学会、日本印度学仏教学会、日本宗教学会、日本仏教学会、真宗連合学会、龍谷教学会議、龍谷大学真宗学会、山口真宗学会
研究課題
真宗伝道学方法論    親鸞教学の解釈と表現

ゼミ紹介


大学院ゼミ(真宗学演習)
講義テーマ(内容)
真宗学の諸問題研究
講義概要
主として、演習参加者の各自が、真宗安心および教義に関する論題の中から、自身の研究に関わるものや関心のある論題を選んで読込み研究発表していただくという形式の演習である。 ただし演習全体の進め方や研究したいという課題についての要望を採用する用意もある。 また博士論文作成のために、各自が選定したテーマや関連する課題について、発表を通して論考を深め、論文のレベルアップになるよう、計画的に研究発表をおこなってゆく。 ゼミ員は発表者の発表内容についての質疑応答・批評・助言・意見交換を通して研究・考察を深めてゆくことになろう。 発表時間の不足等はゼミ合宿などで補うこととする。
授業の計画・進め方
(1)真宗学の基本的方法について確認し、この演習の進め方について相互に理解する。
(2)浄土真宗における諸問題を学修・研究するために、真宗における安心論題および教義論題から、各自の問題意識や課題に関する論題を選定し、研究グループのリーダーとなって学習・考察・研究・発表を行いつつ、具体的な研究テーマの設定および研究の進展に反映させることが出来るように理解を深めてゆく。 直接的には『真宗叢書』に掲載されている100論題の中から論題を選び、伝統的な宗学の発想を学習しつつ、真宗教学の体系的理解を深めたい。
(3)同時進行的に各自の研究テーマを発表していただき、それに対する批評や助言、意見交換の時間を設ける。 演習参加者は発表者の発表内容についての質疑応答・批評・助言・意見交換を通して研究のための学修を進めてゆくことになろう。
(4)また博士論文に関する課題や各自が選定するテーマについて、研究発表を通して論考を深めてゆくことも計画的におこなってゆく。学会発表などの前にはゼミでも予備発表をしていただき、研究発表のレベルを上げてゆきたい。
(5)発表時間の不足等はゼミ合宿などで補うこととする。
テキスト・参考文献
テキスト
浄土真宗本願寺派総合研究所『浄土真宗聖典全書(一)』(本願寺出版社)6,000円
浄土真宗本願寺派総合研究所『浄土真宗聖典全書(二)』(本願寺出版社)5,000円
『浄土真宗聖典』は全巻そろえておくこと。
参考文献
それぞれの発表の内容にしたがって、必要なものがあれば講義時に紹介する。また互いに情報を交換する。

(2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)



教員一覧へ戻る
トップページへ戻る