深川宣暢 教授


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

教授一覧へ戻る

≪プロフィール≫
生年
1953年
出身地
山口県
専門分野
真宗学(真宗伝道学、真宗教義解釈史)
関連分野
仏教学、真宗史、宗教学
所属学会
日本仏教学会、日本印度学仏教学会、日本宗教学会、日本仏教学会、真宗連合学会、龍谷教学会議、龍谷大学真宗学会、山口真宗学会
研究課題
真宗伝道学方法論    親鸞教学の解釈と表現

ゼミ紹介


大学院ゼミ(真宗伝道学演習)
講義テーマ(内容)
真宗学の諸問題研究
講義概要
(1))真宗学の基本的方法について確認し、この演習の進め方について相互に理解する。
(2)浄土真宗における諸問題を学修・研究するために、真宗学における論題を学習・考察・研究しつつ、具体的な研究テーマの設定および研究の進展に反映させることが出来るような教学理解を深めてゆく。特に『真宗叢書』に掲載されている論題をとりあげて、宗学的発想の教学に触れつつ、真宗教義の体系的理解を深めたい。
(3)同時進行的に各自の研究テーマの考察・批評・意見交換の時間を設ける。
(4)また時間が許せば、ゼミ員の要望に応じて、各自の研究テーマに関連する研究や考察を考えてみたい。
授業の計画・進め方
講義開始後、オリエンテーションの時間が終われば、ゼミ員各自が、自身の関心に関わる論題を選んで研究発表していただくという形式で進める。ただし演習の進め方も相談しつつ、学会発表などの前にはゼミでも予備発表をしていただき、発表のレベルを上げてゆきたい。
ゼミ員は発表者の発表内容についての質疑応答・批評・助言・意見交換を通して研究・考察を進めてゆくことになろう。
また修士論文や各自が選定するテーマについて、研究発表を通して論考を深めてゆくことも、計画的におこなってゆく。
なお、ゼミ員の要望があれば他の内容・方法も加味して進めることもありうる。
また発表時間の不足等はゼミ合宿などで補う。
テキスト・参考文献
テキスト
浄土真宗本願寺派総合研究所『浄土真宗聖典全書(一)』(本願寺出版社)6,000円
浄土真宗本願寺派総合研究所『浄土真宗聖典全書(二)』(本願寺出版社)5,000円

参考文献
それぞれの発表の内容にしたがって、必要なものがあれば講義時に紹介する。また互いに情報を交換する。
4回生ゼミ(教学史演習U)
講義テーマ(内容)
親鸞に至る浄土仏教の研究T
講義概要
親鸞(教義)へと展開した浄土教理史をふまえて、卒業論文を作成の指導をするが、各自が漠然と感じたり考えたりしている問題意識が、卒業論文作成へとつながる研究とするに足るテーマとして昇華するように、基礎的な情報の収集法、およびそれを整理し分析する方法、さらにそれを文章化して表現する方法を学修する。
教理史や真宗教義についてわからないこと、知りたいことが出てきた時に、それをどのように調べることができるかということを習得することがまず基本となる。 研究テーマは、真宗(親鸞思想)を何らかの形で表現するための研究であれば、特に教理史にこだわらなくても良い。
授業の計画・進め方
三年次の復習と不足分の補足も兼ねて、最初は講義担当者が講義するが、ゼミ員各自に教理史や真宗教義の基本的な理解をしていただきたいので、講義担当者が教理史や真宗教義・教学に関するキーワードを選び、それについて発表担当者が資料収集・分析・考察を行うという発表を通して学修する。
また卒業論文の研究テーマを選定・設定する資料となるよう、キーワードに関する課題や問題、キーワードに関連する資料や情報の収集・分析・表現の方法などについて担当者が助言する。
テキスト・参考文献
テキスト
特にテキストとしては定めないが、研究の基礎資料として『浄土真宗聖典・註釈版』及び『同・七祖篇』、もしくは『浄土真宗聖典全書』第1〜2巻は必要である。

参考文献
特に定めないが、基本的な辞書を用いることが多い。また各自の研究テーマに応じて、講義中に紹介する。あるいはまた資料検索の方法も指導する。

講義紹介

浄土教理史
講義テーマ(内容)
浄土仏教の起源と浄土経典の成立
講義概要
この浄土教理史においては、仏教史における浄土教形成の起源から初期浄土経典、浄土三部経の成立とその内容について通史的に考察し講義する。
授業の計画・進め方
基本的に板書講義形式で進める。
テキスト・参考文献
テキスト
勧学寮(本願寺)『浄土三部経と七祖の教え』(本願寺出版社)1,200
講義開始前までに必ず求めておくこと。試験にも必須である。
また講義の基礎的文献として『浄土真宗聖典・註釈版』もしくは『浄土真宗聖典全書』第1巻は用意しておくこと。

参考文献
信楽峻麿『浄土教理史』(法蔵館)2,000円
桂紹隆・斉藤明・下田正弘・末木美士『仏と浄土 ーシリーズ大乗仏教ー』(春秋社)3,200円

(2017年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)



教員一覧へ戻る
トップページへ戻る