嵩 満也 教授

国際文化学部 所属


プロフィール

■ゼミ紹介■

■講義紹介■

  • 仏教の思想AB  
  • 多文化共生と宗教   
  • 日本の宗教   
  • 国際文化実践プログラムUD   
  • 「世界と日本」入門   
  • 仏教文化論   
  • アジアの経済   
  • アジアの宗教   
  • 宗教と科学   
  • 日本の宗教と思想   
  • 日本の仏教文化
    教授一覧へ戻る

    ≪プロフィール≫
    生年
    1958年
    出身地
    長崎県
    専門分野
    親鸞思想
    関連分野
    人文学 哲学 宗教学 
    所属学会
    日本印度学佛教学会、日本宗教学会、真宗学会、国際真宗学会、American Acadmy of Religion、宗教倫理学会
    研究課題
    親鸞の思想形成と本覚思想、仏教と環境思想、浄土真宗の海外開教

    ゼミ紹介

    4回生ゼミ(教義学演習U)
    講義テーマ(内容)
    親鸞における信心の思想
    講義概要
    『教行証文類』「信巻」の主要な箇所を前年度に引き続き一緒に講読し、「信巻」の中で語られる親鸞の信心の思想について理解する。その上で、その内容について、これまで積み重ねられてきたさまざまな教義学における議論を取り上げ、それを批判的に検討していく。また、各自の卒業論文のテーマについては指導をする。
    授業の計画・進め方
    講義担当者が内容について概説するとともに、出席者も分担して発表を行い、その内容をめぐり討論をしつつすすめていきたい。してもらいながら授業をすすめていく。
    テキスト・参考文献
    テキスト
    『『浄土真宗聖典(註釈版)』第2版』 (本願寺出版社)
    参考文献
    『『浄土真宗聖典全書』第2巻宗祖篇上』 (本願寺出版社)
     授業が進む中で、その他の関連する論文・資料については紹介します。

    講義紹介

    ▲ページトップ
  • (2017年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)

    教授一覧へ戻る
    トップページへ戻る