嵩 満也 教授

国際学部 所属


プロフィール

■ゼミ紹介■

  • 3回生ゼミ(教理史演習U)  
  • 基礎演習A  
  • 演習VW(M)  
  • 演習TUVW

    ■講義紹介■

  • 真宗学特殊研究B  
  • 教理史演習UA   
  • 教理史演習UB   
  • 宗教実践特殊研究(D)   
  • 国際文化実践UD   
  • 国際文化実践プログラムUD   
  • 日本の宗教   
  • 京都観光学B   
  • アジアの宗教   
  • 宗教と科学
    教授一覧へ戻る

    ≪プロフィール≫
    生年
    1958年
    出身地
    長崎県
    専門分野
    親鸞思想
    関連分野
    人文学 哲学 宗教学 
    所属学会
    日本印度学佛教学会、日本宗教学会、真宗学会、国際真宗学会、American Acadmy of Religion、宗教倫理学会
    研究課題
    親鸞の思想形成と本覚思想、仏教と環境思想、浄土真宗の海外開教

    ゼミ紹介

    3回生ゼミ(演習U)
    講義テーマ(内容)
     この演習では、インド・中国・日本で歴史的・思想的に展開した浄土教仏教の伝統が、どのように親鸞が開いた浄土真宗の仏道体系に受容され、展開されているかについて、原典をたどりながら学んでいく。 演習をとおして、浄土真宗の教義の背景にある浄土教仏教の思想的な大きな流れについて理解を深めることを目的とする。
    この演習では、中国・日本で歴史的・思想的に展開した浄土教仏教の伝統が、どのように親鸞が開いた浄土真宗の仏道体系に受容され、展開されているかについて理解するために、浄土教仏教の基本文献を講読しつつ、その内容について議論を進めていく。
    今年度は、中国浄土教から日本浄土教への念仏思想の展開について理解を深めるために、中国浄土教の大成者善導が書いた『観経四帖疏』と、日本浄土教の祖師法然の『選択集』の中の要となる文を読みながら そこに示される念仏思想について理解を深める。またそのことをとおして、浄土真宗の教義の背景にある浄土教仏教における念仏思想の特質についても議論をする。
    授業の計画・進め方
     受講生が分担して発表を行い、議論をしながらすすめていく。
    テキスト・参考文献
    テキスト
    浄土真宗本願寺派総合研究所 『浄土真宗聖典全書(一)』 (本願寺出版社)
    浄土真宗聖典編纂委員 『浄土真宗聖典七祖篇』 (本願寺出版社)
    浄土真宗聖典編纂委員 『浄土真宗聖典(注釈版)』 (本願寺出版社)


    ▲ページトップ
  • (2018年度 龍谷大学文学部・大学院文学研究科 講義計画 より作成)

    教授一覧へ戻る
    トップページへ戻る